• ホーム
  • ダイエットには食事制限と運動の両方が大切!

ダイエットには食事制限と運動の両方が大切!

お腹の脂肪を気にする女性

世の中にはたくさんのダイエット方法があります。
どのダイエット方法もそうですが、一定期間はきちんと継続しなくては確実な結果が得られないものが多いでしょう。
また、正しい方法で行わなくてはどんなに継続しても効果が得られないこともあるのが事実なのです。

美容や健康のためにダイエットを志す場合には、自分にとってどのダイエット方法がベストなのか、さらにはそれがずっと継続していけるものなのかを見極めなくてはなりません。

それからダイエットには大きく分けて二通りあります。
それは、運動することによって結果を得る方法と、食事制限によって痩せる方法です。
どちらも正しい方法で行えば効果は得やすいですが、気をつけなくてはならないのが運動したから大丈夫だと判断して、必要以上に食事をたくさん摂取することです。
同様に食事制限ばかり行い、運動をしないのも少々問題がありますから注意が必要です。

人間は普通に生活しているだけでもカロリーを消費します。
そのため体に必要なカロリーは食べ物から摂取します。
運動すればそれだけ多くのカロリーを消費しますが、消費したカロリー以上に摂取してしまえば、太るのも当然なのです。
つまり、運動と食事制限は同時に考えなくてはなりません。

次に、食事制限ばかり行って、運動しないとどうなるでしょうか。
確かに摂取カロリーは少ないですから、初めのうちはダイエット効果はあるでしょう。
しかし、人間は生きていくためにカロリーが必要ですから次第に体はエネルギーを蓄えようと変化していきます。
例えば少し食べただけでもエネルギーを体内に溜め込んでおこうとしますし、脳がダイエットをやめさせようと判断して強い空腹に襲われたり、カロリーを温存しようと思考能力が低下したりします。

運動をしなければ筋力も衰えてきますし、筋肉を維持するために必要なエネルギーを食べ物から摂取できていませんから、綺麗な痩せ方にはならないでしょう。
ダイエットは痩せて綺麗になることが目的なのですから、げっそりと痩せているようでは決して魅力的とは言えないのです。

ダイエット効果のあるおすすめの筋トレ法

食事制限と共に運動することの大切さも理解できたでしょう。
ダイエットのための運動にも色々ありますが、痩せて綺麗になりたいのであれば脂肪燃焼効果の高い筋トレや運動を行い、代謝を良くする必要があります。
運動には有酸素運動と無酸素運動の二通りがあり、それぞれの違いを理解していなくては確実な効果が得にくくなりますから、注意する必要があります。

ダイエットを目的とするのであれば有酸素運動がおすすめです。
脂肪燃焼するためには酸素が必要です。
有酸素運動ならばしっかりと酸素を吸うことができますから、それだけ多く酸素も体内に取り入れることができるのです。
運動するために必要な筋肉を動かすために、酸素を使って脂肪を燃焼することで運動エネルギーへと変化させるのです。
このサイクルがきちんと出来上がると代謝が良くなり、自然と痩せやすい体へと変化していきます。

無酸素運動の場合は筋肉は肥大しますが体内の脂肪はそれほど燃焼されませんから、がっちりとした体格になりたい方にはおすすめです。

ダイエット目的の方におすすめの筋トレ方法は、腕立て伏せです。
腕立て伏せは二の腕のシェイプアップ効果もありますが胸や背中の筋肉も使うため、バストアップや綺麗な姿勢になる効果も期待できるのです。

次にドローインと呼ばれる筋トレです。
ドローインはお腹をゆっくりと、そしてしっかりとへこませることで体の奥にあるインナーマッスルを鍛える筋トレ方法です。
こちらは立っていても座っていても手軽に行えますから、通勤時間中や仕事中、勉強中でも行うことができますので、空いた時間に行って習慣化するようにしましょう。

それからプランクも効果的です。
腕立て伏せのような状態になり、前腕と呼ばれる肘から下の部分を床につけて体を支えます。
頭から足まで一本の棒のようになるように、意識することが大切です。
プランクは正しい方法で行いやすく、見た目とは裏腹にかなりきついですし、体の軸となる部分がしっかりと鍛えられるのでおすすめです。

有酸素運動と無酸素運動の違いを理解して、運動と食事制限の両方を考えることを忘れずに継続していけば確実にダイエット効果は得られるでしょう。